5月12日 ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドプレイ日記

トップページ前作プレイ日記>5月12日

PS版をプレイ!

まだGBC版をクリアしていないが、実はPS版も購入していた。
このままだとプレイせずに3DS版の発売を迎えてしまいそう。中古で4000円!もしたのでこのままじゃもったいなすぎる。
GBC版とはどこが違うのか〜とさわりだけでもプレイしてみる。

それにしても、2002年に出たこのゲーム。PS2が出てから2年も経つような時期なのにPSで出た。2002年っていうとリメイク版ドラクエ4よりは後で、リメイクドラクエ5やドラクエ8よりは前、くらいのタイミングだ。だからなんだってことはないけれども。
調べてみたら、PSで最後に出たゲームは2004年5月13日に出た「BLACK/MATRIX 00」らしい。もっと言えば2007年には「メタルギアソリッド」の廉価版が出ているとか。思った以上にPS頑張ってた。

このゲームはテリーのワンダーランドと、続編の2バージョン、「ルカの旅立ち」と「イルの冒険」がセットになっている。テリーのワンダーランドがリメイクされたんだから、続編がリメイクされる可能性も多いにあり得るな。

タイトル画面。

オープニング。どうやらグラフィックは絵本っぽさを意識しているようだ。

GBC版ではワルぼうにミレーユが連れていかれるのを黙ってみていたテリーだが、PS版では突進する様子が。

タイジュの国に入ってからの展開はGBC版と全く同じ。タイジュの国も外観は同じだが…。

建物内部の構造が結構変化している。

王様の側近がピエロ。そういえばGBC版もあれピエロなのか。こっちはなんかいかにもピエロすぎて少し怖い。

牧場の構造も違う。小屋が建っている。

旅の扉のあるフロア。ここも全く違う構造になっている。

そしてたびだちの扉内。斜め移動可能で、移動速度も速い。GBC版のようにブロック化されていないのでシームレス。

戦闘画面。やっぱり絵本っぽいグラフィックだ。

GBC版と比較するとかなり便利になっているのがマップ画面。
GBC版では現在いるブロック、今まで通ったブロックしか表示されなかったが、現在いる場所のかなり広範囲の周辺まで見通せるようになっている。

出現する敵はGBC版と同じのようだ。ドラキーとアントベアが仲間に。細かい違いを言うと、仲間になったモンスターに名前を付ける際、例えばドラキーなら自動的に「ドラ」までは入力されていたが、それがなくなっている。最新作のジョーカー2でも2文字までは入力されているので、やっぱり入力されていたほうが便利ってことになったんだろうな。

そして最深部。ドラクエ4の古井戸の底を再現しているマップで、これは全く同じだ。
おそらく3DS版の最初もホイミンが仲間になるに違いない。

扉の主の名前はやはり最初から入力されている。

格闘場。相手になるモンスターは、少なくともランクGでは全く同じだった。3DS版ではどう変わるのか。

PS版をプレイした感じ、斜め移動が可能で移動速度も速いので移動時はGBC版より快適。
しかし戦闘は表示速度を1にしても少しテンポが悪い気がした。これはモンスターが動くようになっているのもあるからしょうがないかもしれない。

トップページ前作プレイ日記>5月12日