3月25日 テリーのワンダーランドプレイ日記

トップページ前作プレイ日記>3月25日

格闘場クリア後

さっそく鏡の扉へ入ってみよう。
いや、そういえば大樹が成長したの忘れてた。まずは探索だ。
酒場の女性と話すとうごくせきぞうをもらえた。でもこれは前のランクの3回戦の相手だな。今回は関係ない。ピートという名前の、レベル40のうごくせきぞうを入手。
バザーに新たな店が出現。本を売っている。モンスターの性格を変えられるらしい。
いままでもう1体のマドハンドとはジャンケン勝負していなかったが、やってみる。グー、チョキ、パー、パー、グーの順で勝利。もう1体のところにいったら旅の扉が出現している。ここに入ってみる。

こういう旅の扉で困るのは、名前が分からないこと。何て呼べばいいのか。
おばけキャンドル、はねスライム、キラースコップ、メドーサボール、かまいたちが出現。やはり本来もっと早く来るべき扉だったらしいので弱い。最深部。

湖に戦闘のモンスターが落ちた。あなたが落としたのはこの肉ですか?このおじさんですか?では泉に落ちたのはメタルドラゴンですね?「はい」あなたは正直者なのでダンジョンえびを差し上げましょう。ただし勝てたら!
ということで戦闘に。ダンジョンえびってネーミングセンスが凄いな。倒したら仲間に。

鏡の扉へ。全28層。
へルビースト、エビルワンド、スライムボーグ、シャドー、リザードマン、グリズリー、キメラ、ヘルホーネット、ライオネックなど出現。
敵が強い上に、エンカウント率が高い気がする。
ライオネックが特に強い。全体にそれぞれ80ダメージほどのバギクロス以外の行動を取らない上、出現率が高く、しかも2体出る場合も多い。状態異常耐性がないのが救いだ。
そして12層に一度あったのみで、以降はセーブフロアがないのも厳しい。そのまま最深部まで来てしまった。
最深部にいたのはデュラン。

テリーとデュラン

原作同様、まずは手下をけしかけてくる。
いきなり魔王の使い×2って…。マヒャド×4が来ちゃうんじゃないのこれ。
しかしどうやらボスの時と違い、HPが低い。が、なんと、2ターン目先制されメラゾーマではねスライム死亡!これは終わった…。せかいじゅの葉も無い!
2戦目。以前何度かみかけた、謎の男が…ってこれテリーだったのか。でも名前は「テリー?」。この後デュランとの戦いもあるとしたらもはや勝ち目は薄いがやるだけやるしかない。
それにしても、このテリー?。SFC版6の攻略本の戦士の説明の絵と構え一緒だ。

テリー? SFC版DQ6攻略本

もう?取っちゃいなよテリー?さん。
ちなみにこの攻略本。大きな声では言えないが、特技、呪文データページの挿絵にはツッコミどころがある。

トレス疑惑1 トレス疑惑2 トレス疑惑3

左から、(おそらく)魔神斬り、メガンテ、におうだち。ほかにもいくつかあるが…。
漫画読む人なら大体分かるだろうか。

さて、勝ち目が薄い中での2回戦。さみだれぎりで一撃なんと100以上のダメージを受ける。スクルトを連続でかけて一気に守備力上昇。あとは攻撃しつつ回復で勝利。
デュラン戦。150近くのダメージを受ける通常攻撃、120ほどのダメージのしんくうはを使う。また最初にスクルトを連続でかける。なんとかダメージを10以下に抑えるところまでに無事できた。あとはちょくちょく出すしんくうはのダメージを回復しつつ攻撃。なんと勝ててしまった。これはうれしい誤算と言うほかない。

戦闘後テリー?との会話。結局、これはテリーだったのか?わるぼうに連れていかれちゃったんだけど。

これでついに、星降りの大会が開始されるようだ。

トップページ前作プレイ日記>3月25日